インターネットによる古書流通の仕組みの変化

以前は地方の組合に入っていない古本書店にある珍しい本を買い取って、地元の市場に出品する業者がいました。その本を落札した業者は、その古本を東京の市場で出していました。さらに、そこで買い取った古本を大市に出品していました。このように、古本はあるべきところに納まるという古本の流通システムが機能していました。しかし、最近は流通システムも大きく変わりました。10年前までは、市場での取引価格が絶対でした。その他では、有力書店の古書目録が参考になっていました。ところが今は、「ヤフオク!」をはじめとしたネットオークションや「日本の古本屋」や「Amazon」などの古書検索サイトでの価格が一般ユーザーの相場を表すようになりました。そのため、古本屋の中でも市場での価格と「日本の古本屋」での価格が古書の2大相場として認識されるようになっています。インターネットのサイトは誰でも閲覧することができるので、非常に便利です。だからといって、古書店がインターネットの相場を真似するのは、問題があります。古本の値段を決める方法はたくさんありますが、その本に見合った値段というものは存在します。ネットの相場を参考にすることでそれができなくなるのではないかと危機を感じている人もいます。