セドリと古書の流通の変化

商売をする場合、小売り店にとっての大きな課題は「どのように販売するか」が大きな課題です。しかし、古本書店は一般的なお店とは違って売ることよりも何をどうやって仕入れるのかが最も重要な課題になっています。製造業者が作ったものを卸売業者に流通させると、その価格はどこのお店でもほぼ変わりはありません。しかし、古書など古物の場合、同じ本でも店によって何倍も違う値段で販売されていることも珍しくありません。その理由は古書の流通経路が複雑で、必ずしも古書市場経由で入手されていないからです。古書の世界は海のように例えられます。そのため、どんな古書店であってもその価値をたまたま見落として安い値段を付けてしまうことがあります。特に新古書店の場合は、「一般書の専門店」なので、少し変わった本やプレミアがついている特殊な本が驚くほど安い値で売られていることも珍しいことではありません。相場ではるかに安い値で売られている本は、その店が専門とする品目以外のものが多いです。積極的に買い取ったものではないので、大量にある可能性はあまりありません。セドリは落ち穂拾いのような職業なので、本業にするのは難しいです。企業であれば、採算が取れず、切り捨ててしまう部分になるからです。