本の売価と専門店の役割

安すぎる古本は、本当に必要としている人のもとに届かない可能性が高いです。正当な値段で売るか、その古本が置かれるべき古本書店にあってこそ、その人の手に渡るからです。古本専門店は値段が高いのは当然です。しかし、人々は専門店へ足を運びます。また、専門店のレベルを維持していくために、常に一定のレベルを保った品揃えが求められます。そのためには、古本を高く仕入れないといけないし、また、その古本を高い値で売らなければなりません。専門店の売値の高さには、ある程度その期間その本を置いとくための利益が見込まれます。その方がその本を欲している人に確実に届けることができるからです。古本の値段は安くないけど、欲しいものを高い確率で確実に見つけることができる。それが古本の専門店の役割であります。