古本商品の区別

古本の商品には、最寄り品と買い回り品と専門品といった区別があります。古本屋の品揃えを考えるときに有効です。 まず、最寄り品とは日用品のことでどこで買っても同じなので、普通は最も近いお店で買います。複数のメーカーがそれぞれの商品を出していたとしても、異なるのは名前だけで、中 身の質はほとんど差がありません。最寄り品を扱うお店の代表はコンビニです。下着などはコンビニでも売 っている最寄り品といえます。 それに対して、よそ行きの服になると、買い回り品といわれます。いくつかのお店を見て回って、 品質やデザイン、値段を比較して買うような商品です。買い回り品のお店はデパートなどが典型で、家具のお店や家電量販店、大型ショッピングセンターなども、買い回り品の商店といえます。買い回り品の場合は、同じ機能を有する異なる品物が複数のお店にあるので、価格競争が起こります。これに対して専門品は、おもにそのお店でしか売っていないものです。古本にも、最寄り品的な本と買い回り品的な本があります。